生活において不便なことが発生した時、駆け付ける便利屋おじさんとは!

札幌市エリアから、粗大ゴミ等の回収・処分のご相談をいただきました。札幌の「***」の店のそばにある住居の姿見・ストーブ・椅子・ナベなどの回収をお願いしたいとのこと。見積もりと作業は、土・日を希望。あと、食器棚をもう一カ所に移動した上、その食器棚を処分したかったが、どの業者に依頼したらよいのか、困っておられました。

 

私ども便利屋では、粗大ゴミの回収だけでなく、物の移動も承ります。便利屋という存在は、単なる廃品回収業者とは異なります。もちろん便利屋と言っても強み弱みはあるわけであり、一概にこれを約束できるものではありません。

 

ただし、大抵の便利屋さんは、なぜ便利屋と銘々されているのかと問えば、お客さんにとって便利な存在だからということになります。だから極端なことを言えば、少し肩がこったので、肩たたきを頼みたいとします。

 

そこで便利屋スタッフに肩を1時間たたいてくださいという依頼も可能なわけです。それが便利屋という存在で、ある需要があれば、そこに供給するため、サービスとして提供することができるわけです。

 

今回のケースでは、食器棚を処分するということと食器棚を移動させるということなので、全く問題なく、便利屋スタッフに依頼することができます。

 

最後に見積りについてですが、今回のように不要物がはっきりと決まっている場合は、現場に立ち寄る必要もなく、お電話にて対応することが可能です。この度は、札幌市での粗大ゴミ等の回収・処分のご依頼、誠に有難うございました。、

 

《こんな事例もあります。札幌市エリア》

http://hokkaido53.com/douou/sapporo〔運び出しが大変だった、タンスやソファー等の大型ゴミの回収・処分の例〕

 

大型家具の回収・処分における関連情報;